ひとり弾丸.com

気持ちはいつでも弾丸ひとっ飛び! ブラジルW杯へ 

【今年の総括】いまどき流行らない?ブラジルW杯に絡めて人生を賭けてしまった一年とは一体何だったのだろうか?

写真 (2)

短かった。何もできなかった。6泊7日のシベリア鉄道から実質始めた旅だったけど、得体の知れない何かに飲み込まれてしまったかのようだった。どっかの代表みたいに。

あれほど楽しみにしていたブラジルW杯も現実はさほどでもなく、よっぽどテレビ画面を観てた方が盛り上がったんじゃない?と思う始末。街は、とりたててワールドカップ一色モードになっていたわけでもなく。

日本戦と日本戦の間はひたすら行き当たりバッタリの移動に苦しみ、目が飛び出る程の国内線運賃に呆れ果て。日本戦は日本戦でガッカリする試合ばかり。一体どこに楽しみを見出せばいいのか?と自問自答の日々だった気がする。

本当にワールドカップ観てないんです。映像で、文字でプレビューしてないんです。生観戦した4試合以外は、サッパリ分からないんです。パブリックビューイングしたところで、その場の雰囲気を楽しむくらいで内容はうわの空。

なんかもうねー、ワールドカップって、もういいやーって思った。何を生観戦しても同じようなスタジアムの雰囲気。個性がない。お客さんもさすが世界中から来るオカニ持ち、品がいい。フランス大会で感じた第一印象は変わらなかった。祭りは祭りなんだけどね。やっぱり自国がGood performanceをし、最後はGood Loser にならないとね。

ワールドカップついでに大会前と後とで欧州と南米サッカーを観てまわったけど、そりゃクラブごとに個性が垣間見えて、こっちの方が断然面白かったよ。

もう人生で観ることはないであろうCL。チケ高いしね、一般庶民は行かないよね。それよりELがイイネ!ベンフィカのダ・ルスとか美しいスタジアムだったよ。アトレティコマドリーのビセンテ・カルデロンや歴史あるバレンシアのメスタージャは雰囲気がイイネ。世界的ビッククラブの試合はもうテレビで十分。サンチャゴベルナベウなんて一回行けば十分や。試合前、アンセムが流れた時は神々しいまでの雰囲気だったけどね。何かが空から降臨しそうな、この世のものとは思えなかったよ。

ダービーも追いかけたけど、ミラノダービーの1000倍、ベオグラードダービーは凄かった。いや、今までこんなめちゃくちゃなの観たことなかった。得点後、オーロラビジョンにサポがよじ登る、爆竹が容赦なくピッチに投げ込まれる、発炎筒メインスタンドで焚くか?ふつー。スタジアム全体が文字通り爆発した光景だったよ。

クロアチアダービーは失敗。もうシーズンも終わりかけ、サポも気合い入っておらず、BBBはなんだか応援をボイコットしたとかでスタジアムはガラガラ。救いは、ザグレブの街がとても素敵だったこと。時が止まったかのようにゆったりとした空気の流れ。本当にこれが首都?と疑いたくなる程、道ゆく人々がゆっくり歩いている。

ザンクトパウリは、クラブロゴ人気先行型。ドクロマークグッズが人気ありすぎ。スタジアムのファンショップ、めっちゃ混んでた。スタジアム自体の雰囲気はまあ、普通だったよ。改修前の方が味があったかもしれない。レーパーバーンの街は、さすが歓楽街、味ありすぎ~渋すぎ。

何より、アルゼンチン国内リーグは刺激的だった。ヨーロッパのような美しい街並みとは裏腹にスタジアムへ行くのになぜ緊張しなければならないのか。スタジアム周辺は凄まじい警備の物量。内戦でも始まるんですか?ボカ地区、聞きしにまさる雰囲気。通りから1本入っただけで、ガラッと空気が変わる。

やられてしまったよ。偽チケ購入。被害額は4千円程だったけどね。まあ、路上でボカのチケ購入は無理だね。絶対やめた方がいい。フロリダ通りあたりの現地旅行会社を通せば1万円くらいで買えるから。断崖絶壁感あふるるボンボネーラのスタジアムは迫力満点。さすがファン憧れのスタジアムだけはある。

リーベルサポにはやられたね。広々とした公園も近く、一見平和そうだけど、ヤバイね。数人に絡まれ、殴られ、逃げてきたよ。チケットなしでモノ欲しそうにスタジアム周辺ウロウロするもんじゃないね。

リベルタドーレス杯決勝。治安の悪いとされる、ヌエボ・ガソメトロ周辺。ローカルのサンロレンソサポと一緒にいたが、わき目もふらず、足早にスタジアムへ向かう。スタジアム入ると観客席の通路はギッシリ。押しつぶされるか、ピッチ方向へ将棋倒しになりそうな危なさ。席と席の間をよじ登り、やっとこさ座れた。現地の人と一緒で良かった。キックオフ直前の、名物紙テープは美しかった。

試合後、「旧スタジアムがあったボエド地区行かない?」今でも現地サポ、本当の本拠地はボエドだと思っている。おびただしい数のサポが路上を埋め尽くし、チャントが鳴り止まなかったよ。素敵な雰囲気だったね。

思い出は尽きない。書き切れない。3月14日に日本を経ち、半年弱。日本に2度帰国しなければならない不幸に見舞われ、旅そのものが予定よりシュリンクしてしまったけど、かけがえのない経験だった。イケイケ的なメンタルの潮目が変わってしまったことは否めないが。

もう人生の中で2度とできないだろうし、半年でメンタル的フィジカル的に限界がきてた。ちょうどいい頃合いだった。後悔することは多々あれど、補って余りある経験が全身に染み付いている。その土地その土地の空気が、風景が、五感で感じたことは何ものにも代え難い。旅そのものが終わってもジワジワ振り返ることができるのはひとつの醍醐味でもあるね。

使ったカネは常に節約しつつも、移動には糸目つけなかったので、数百万円。それでも悔いなし。

また、どこかへ行きたくなったら、行こう。もうブラジルW杯は生きてる間、二度とない。しばらくはタイで日常生活を堪能します。せっかくだから、どっぷりつかってみます。4年に渡ったひとり弾丸にひとつの休止符です。


今年一年、ネットでリアルで絡んでいただいた皆様、本当にお世話になりました。ありがとうございました。
それでは、皆様よいお年を。

【渡航国23ヶ国】
1.オーストラリア
2.インドネシア
3.タイ
4.中国
5.ロシア
6.トルコ
7.スペイン
8.ポルトガル
9.セルビア
10.スロベニア
11.ドイツ
12.イギリス
13.イタリア
14.アルバニア
15.ハンガリー
16.モンテネグロ
17.クロアチア
18.米国
19.ブラジル
20.ウルグアイ
21.アルゼンチン
22.ラオス
23.シンガポール

【訪問したスタジアム36】
1.パラマッタ(シドニー)
2.アタテュルク・オリンピヤト
(イスタンブール)
3.パルチザーナ
(ベオグラード)
4.サンチャゴベルナベウ
(マドリード)
5.ビセンテカルデロン
(マドリード)
6.スタンフォードブリッジ(英)
7.メスタージャ(バレンシア)
8.ダ・ルス(リスボン)
9.サンシーロ(ミラノ)
10.ヒデクチ・ナーンドル
(ブダペスト)
11.ミラントア(ハンブルク)
12.マクシミール(ザグレブ)
13.レイモンドジェームス
(マイアミ)
14.アレナ・ペルナンブーコ
(レシフェ)
15.ダスドゥナス
(ナタル)
16.アレナ・パンタナール
(クイアバ)
17.フォンテノバ
(サルバドール)
18.アレナ・コリンチャンス
19.マラカナン
(ブラジル)
20.パカエンブー
(ブラジル)
21.モルンビー
(ブラジル)
22.センテナリオ
(ウルグアイ)
23.ボンボネーラ
(ブエノスアイレス)
24.モヌメンタル
(ブエノスアイレス)
25.ドクトル・ホセ・ルイス・ メスネル
(ブエノスアイレス)
26.リベルタドーレス・デ・アメリカ
(ブエノスアイレス)
27.ホセ・アマルフィターニ
(ブエノスアイレス)
28.ヌエボ・ガソメトロ
(ブエノスアイレス)
29.ラジャマンガラ
(バンコク)
30.スパチャラサイ
(バンコク)
31.タイ・ジャパニーズ
(バンコク)
32.サンダーキャッスル
(ブリーラム)
33.LEO
(バンコク)
34.72thアニバーサリー
(バンコク)
35.ランサンイントラ
(ビエンチャン)
36.カンブノウ
(バルセロナ)

※この旅のログは全てツイログに残してあります。

写真 1